もっと早く利用したかった!

こんたさん・男性
利用した宅配クリーニング:個人経営のクリーニング店

ワンシーズンで使い捨てだったワイシャツ

営業マンである私にとって、ワイシャツというものは体の一部。常に完璧でいなければなりません。
しかし、夏場にもなると首から滴る汗で、帰って脱いでみたら皮脂汚れが…なんて事も。
その度に皮脂汚れに効く洗剤で擦り、つけ置きして復活させていましたが、この洗剤の値段が馬鹿にならない。
結局、「新しいの買えばいいや」という思考になり、ワイシャツはワンシーズン使い捨てのような扱いになってしまいました。

そんなある日、ポストに地元の個人経営のクリーニング店のチラシが。
こんな高いもの…と読まずに捨てようとしたところ「宅配クリーニング」の文字が!

営業マンはそこまで暇ではありません。ましてや、毎日毎日襟を洗剤で擦ってつけ置きする時間など取れたものではありません。
「ほう、どんなものか」と少し挑戦的な気持ちになりながら、次週の休日にクリーニング店を訪れました。

大きな業者ではないものの、爽やかな同世代ぐらいの店主が出迎えていただき、事細かくどのようなクリーニングスキルを使うか、金額設定等も詳しく教えていただきました。

金額もそこまで高くなかったので、迷わず申し込みさせていただきました。
これでもう使い捨てワイシャツとはおさらばだ!

個人店だからこそのサービス

大手企業は確かに安心です。ネームバリューは決して甘んじれるものではありません。
しかし、「それぞれのニーズに細かく対応する」事に関して言えば、個人店や個人企業には勝てません。
何よりも、「人と人」を重んじる事が出来るのが強みです。

私自身、この商売道具を預ける身なので、この距離の近さやアフターサービスの良さは一番の決め手でした。

どんな時も、客であるまえに、1人の人として悩みを解決してくれるこの暖かさに、何処か挑戦的だった自分が恥ずかしくなりました(笑)
そんな荒んだ心も温めてくれるというのも、また一つのメリットといえるのではないでしょうか。

唯一、もっとこうであれば…というものを言うとすれば、それは、個人企業であるだけに「作業の遅さ」です。
スタッフが少なくても丁寧に仕事をこなしていただいてる事は、非常に有難い事ですし、利用者としてそうあってほしいと思うのですが、ここだけは、大企業のスピードには敵わないでしょう。

私は、たくさんのストックがあるので、それをローテーションしてきていればその遅さは全く気にならないのですが、もしも「急用でこの日までに…」というような要望をお持ちの方は、大企業の力を借りるべきでしょう。